スポンサーリンク

【宿泊記】「木村屋旅館」居心地の良い隠れ家的湯治お宿<山形県最上郡大蔵村>

ホテル・旅館
スポンサーリンク
※本ページには広告が含まれております。
※本ページには広告が含まれております。
みお
みお

こんにちは!ひろみお夫婦(@hiromio_blog)です。

肘折温泉は毎年必ず訪れるくらい大好きな温泉街です。

定宿は特に決めてなく、気分と直感でお宿を決めています。

前回のブログも参考にしていただければ幸いです。

さて今回は湯治フォロワーさんの中でも定評のあるお宿をようやっと予約することができました。
私たちが今回宿泊するのは「木村屋旅館」!

限定5組までの小さなお宿。
料理、人、温泉の評判が高く、行く前からかなり楽しみにしておりました。

この記事では、「木村屋旅館」に宿泊したからこそ分かる、リアルな情報をご紹介いたします。
ぜひ旅館選びの参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク

予約詳細

いつも通り楽天トラベルから予約。

宿泊プランちょっとリッチな1泊満喫プラン
宿泊人数2名
宿泊日数1泊
Wi-Fiあり
チェックイン
チェックアウト 
15時00分
10時00分
お部屋タイプ2階に和室5つ、食事はお部屋、展望風呂含め浴室3つ
宿泊料金19,600 円(消費税込)
※2名総額

訪問時にお聞きしたところ、楽天トラベルだと1部屋だけしか開放してないようです。
お宿に連絡すれば空室があるかも!
満室だからと諦めずに電話してみてくださいね。

☎:0233-76-2139
公式HP:http://www.hijiori-kimuraya.ecweb.jp/

私たちの宿泊スケジュール

1日目
14:30 旅館到着
14:30~15:30 お風呂/お部屋でまったり
15:30~16:30 カネヤマ商店で角打ち/飲み物とおつまみ購入
16:30~17:45 お部屋でゆっくり
17:45~19:00 夕食
19:00~19:30 再びカネヤマ商店で角打ち
20:00~22:00 お風呂/お部屋でゆっくり
22:00 就寝

2日目
6:00 起床
6:15~7:00 朝市/お散歩
7:00~7:30 お風呂
7:45~8:30 朝食
8:30~9:00 お部屋でゆっくり
9:00~9:30 共同浴場 上ノ湯
10:00 チェックアウト

アクセス・駐車場

■新幹線
JR山形新幹線「新庄駅」より村営バス(マイクロバスのサイズ)肘折温泉行きで55分、終点(バス待合所)で下車。
木村屋さんは、バス待合所と同じ側(東側)の隣の隣です。

■車
山形自動車道「山形北IC」から国道13号経由、尾花沢新庄自動車道「舟形IC」をおりてから35分。
(注)寒河江から肘折に入る国道458号は、現在通行止めです。

■駐車場
宿の前に数台駐車できるスペースがあります。
温泉街をそのまま真っ直ぐ進んで心配ありません。

チェックイン

チェックイン。

招き猫とこけしがお出迎えしてくれます。

入り口。
客室は2階にあります。
1階は住居スペースとお台所、中浴場と貸切風呂があります。

湯治宿という感じで、この雰囲気大好きです!

女将さんに2階客室に案内していただき、その際にお宿の説明もしてもらいました。

お部屋

みお
みお

早速お部屋を見ていくなり~。

今回のお部屋は「梅の間」。
定員6名の恐らく、この旅館で一番広い部屋を案内していただきました。
2名なのに恐縮です。

入った瞬間に感動。
おこたがあるーーー。
訪れたのは11月。すでにおこたが用意されていました。

おこたの横にはファンヒーターもあります。
2台暖房器具のおかけで全然寒くありません。

冷蔵庫とエアコンも完備されています。

お布団はすでに用意されてあり、自分で敷いて寝るスタイル。

タオル・バスタオル・浴衣に歯ブラシとアメニティも揃ってます。

お菓子は肘折名物「ほていまんじゅう」。

トイレや洗面台などは共同になります。
共同トイレとは言えどウオッシュレットで綺麗でした。

湯治宿なので長期滞在される方も多く、洗濯機も用意されています。

他にもコーヒーや食器もあります。

Wi-Fi完備。しかも爆速!!
ワーケーションとして利用におすすめ。

私たち夫婦は、爆速のWi-Fiを活用してU-NEXT見ながらのんびり~(笑)
懐かしいアニメも豊富に揃っているので、アニメ好きの方にはU-NEXTをおすすめします。
「ぼくの地球を守って」がU-NEXTにあったときの感動足るや否や!

お風呂

お風呂は2階に展望風呂、1階に中浴場、貸切風呂と3か所あります。
お湯はどのお風呂も一緒なので、空いているところに入浴していました。

温泉の泉質と効能は下記の通り。

温泉の泉質は、「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(重曹を含む食塩泉)」です。遊離二酸化炭素(炭酸ガス)も多く、1㎏中400㎎近く含まれています。          
① 重曹(炭酸水素ナトリウム)には、皮膚表面の油分やタンパクを乳化して洗い流すという、美肌効果があります。
② 炭酸ガス成分も多く含まれ、炭酸ガスの血管を拡張する作用により血流が良くなり、身体全体を暖める血流促進効果があります。
③ 食塩(塩化ナトリウム)が皮膚表面に被膜を作るため、お湯から上がってからの暖まり感が持続するという、保温・保湿効果があります。
つまり、上記の3つをまとめると、
肘折温泉のお湯は、美肌効果を持ちながら、身体全体を暖まった血液が早く回り、
しかも、暖まり感が持続するという保温効果の高い、とてもあったまる温泉です。 
温泉の効能は、リュウマチ、関節痛、神経痛、けがや骨折等外傷・術後の後療法の他、胃腸病、皮膚病などによく効きます。
源泉は、当館から80m先(源泉公園の所)で、直接、引湯しています。お湯は一切循環しておらず、かけ流しにしています。

引用:http://www.hijiori-kimuraya.ecweb.jp/tishiki/

とにかく保温効果がバツグンで温泉から上がった後も長時間ポカポカが持続していました。

2階展望風呂。
いつでも入浴可能ですが、男性客・女性客それぞれ利用中は男女別のカーテンを引きます。
カーテンを引くのを忘れずに~。

夜遅くに撮ったので外の景色は見えませんが・・・明るい時間帯は肘折の自然が見えます。
温度は肘折温泉では珍しく、丁度良い温度でした。

2階の浴場にはドライヤーもあります。

1階貸切風呂。
こっちのお風呂はちょっぴり熱め。
入浴時はドアにカギをかけて利用します。

もうひとつの男女別の温泉。

夕食

朝・夕ともにお部屋でいただきます!

食べ終わったら、部屋の外に置いておく。
これが湯治スタイルなんですね。
部屋食は気兼ねなくゆっくり食べれるのでいいですね~。

ちょっぴりリッチプランなので8食と豪勢。

地元野菜や山菜を使用されています。
とにかく美味!味付け最高!

ひろ
ひろ

どれも抜群の味付け!
白飯がとどまることをしらない!

白飯がこれまた旨し!

素朴でありながら食べたら止まらない美味しさ。

ひろ
ひろ

とくにゼンマイの煮物味付けが好みなり~。
おひつのご飯の量もなかなか多めでお腹も満々満足!

因みにお酒などの飲み物は自分で用意するスタイル。
近くに「カネヤマ商店」さんがあるのでそこで仕入れると良きです!
※詳細はこの記事の最後に書いてある周辺情報をチェックしてね!

朝食

朝食も変わらず美味しい。

鮭、なめこおろし、温泉たまご、しそ巻きなど。
白飯に合うおかずが勢揃い。

ツヤツヤでホカホカのご飯。最高です。

ご飯瞬殺のラインナップなので計算して食べないと、ご飯が足りなくなります(笑)

朝も美味しくいただき大満足!

周辺情報

肘折温泉街の周辺情報を案内していくよ~。

カネヤマ商店

肘折温泉に来たら必ず訪れる商店。

地酒からおつまみまで揃っているので、お酒はここで仕入れるとよろし!

さらに角打ちができるので、こちらも必ず利用します。

日本酒好きなので「飲み比べセット」。

みお
みお

私は「華やかな日本酒」!

ひろ
ひろ

わいは「辛口」~。

軽いおつまみもあります!

ぜひ肘折温泉に来たら寄っていただきたいお店。

今回は山川光男×3本とヨー子 ドライレモンサワーを自宅用に購入。
「ヨー子 ドライレモンサワー」が置いてあったのには感動。
もちろん即買いです。

朝市

肘折温泉の名物「朝市」。

4月下旬〜11月下旬までの限定で開催されています。
季節の野菜、漬物、おこわなどが販売されています。

手作り南蛮味噌と野菜、漬物を購入しました。

手作り南蛮味噌はおすすめ。
我が家は素朴にきゅうりに付けて食べてます。
酒のつまみに最高!

上ノ湯

温泉街の中心にあるシンボル的な共同浴場。

浴槽脇に鎮座するお地蔵様の台座から源泉が流れています。

温度は熱めです。

通常は大人400円、小人300円ですが、木村屋さんから無料入浴券をいただけます!

肘折ダム

肘折温泉街を銅山川沿いに上流に上って行くと登録有形文化財に指定された肘折ダムがあります。

時期によってはライトアップされ幻想的な風景を見ることができます。

まとめ

・人良し、料理良し、温泉良し
・居心地の良いお宿

一人静かに自分時間を大事にしたり、家族・夫婦・カップルでまったりと過ごすのに最適。
自由気ままにお風呂に入り、好みのお酒やおつまみを仕入れて部屋でまったりと過ごすのは最高です。
料理も、素朴ながら一品一品の味付けが素晴らしく、また食べたいと思わせる料理の数々。
華美なものや過剰なサービスなどに気を使って疲れてしまうな、という方には是非このお宿で
日常の喧騒から離れてゆったりと贅沢な時間を過ごすことをおススメします。

実は、ちゃっかり2月の連泊の予約を取っており、今から楽しみで仕方がないです。

↓↓参加してます★応援お願いします↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
にほんブログ村
ホテル・旅館旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ひろみおをフォローする
ひろみお夫婦のんびりブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました